トップページ 採用情報 社員紹介 酒井拓也さん

社員紹介

鋼材は絶対に需要のなくならない安定した業界です

酒井拓也さん
所属部署:営業部
入社年:2011年
出身:長野市
前職:営業職

入社までの経緯を教えてください

新卒でとある会社に営業職で入社したのですが、入社3年目に大規模な人員削減があったんです。それを機に早期退職を決意して、人材派遣会社に登録して営業職で転職先を探していました。そこで紹介されたのが長野鋼材でした。
最初は「鋼材って何?」という感じでした(笑)。鋼材は製品ではなく原材料なので、イメージがわきにくかったんです。前職は転勤が多かったので地元の長野市で働きたいという思いが強かったので、とりあえずという気持ちで面接に行きました。
そこで、鋼材は絶対に需要のなくならない安定した業界だということを知り、長野鋼材という会社に興味を持ちました。言われてみれば、街なかを見てもいたるところに鋼材は使われています。鋼材という商品に魅力を感じたことが入社の決め手となりました。

仕事内容を教えてください

お客様を訪問して鋼材の注文をとってくるのが営業の仕事です。ほとんどが既存顧客を回るルート営業で、飛び込みで新規営業ということはありません。鋼材は飛び込みでどうという商材ではないですからね。
営業先は鉄工所や製作所が多いですが、たんすの製作所や屋根業者など、鋼材と一見関係なさそうなところもあります。鋼材はいろいろな場所で使われていますからね。

長野鋼材の魅力は?

どんな注文にも迅速に対応できるところが長野鋼材の強みです。お客様の方でも「小ロット」「短納期」で受注されている仕事が増えていますので、当社は鋼材1本でも配達にお伺いしています。日ごろからお世話になっているお客様から「どうしても明日持ってきてくれ」と言われたら断れないですよ。
お客様から「こういう加工がしたいんだけど適した鋼材はある?」などと相談されことも多いです。当社は鉄だけでなく非鉄の鋼材も扱っているので、材質に関するご提案はよろこばれます。

長野鋼材はどんな会社?

鋼材は重量がありますし、保管場所も確保しないといけないので、お客様のところに必要以上の量を入れるということはないです。お客様のこれから先の事業展開や、業界のちょっとしたトレンドを考慮して、お客様が余分な在庫を抱え込まないですむようにしています。ですので、当社の営業には営業目標はありますけどノルマはないんです。何より長野鋼材は、お客様のことを第一に考え、大切にしようという社風なんです。私自身も「お客様ともっと距離を縮めたい」ということを心がけて日々仕事をしています。